上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ちんぷんかん (新潮文庫)
新潮社 2009-11-28
評価

by G-Tools , 2009/12/31






ああ、鳴家が欲しい・・・としゃばけシリーズを読むたびに思います。
かわいすぎる。特に今回は鳴家の登場シーンが多くて、ほっこりしました。
挿絵は少なくて残念だったけど。

内容は、期待通り面白かった。
今回は、ちょっと切ない話が多くて、シーズンが春のせいか、別れのテーマが多かった。
桜の花びらの妖なんて、切なかったわ?小紅ちゃん。
小紅ちゃん以上に、いつもそばにいて当たり前の仁吉と佐助との別れの時を考えさせるくだりがなんとも。
一太郎の長生き以上にしゃばけシリーズが長く続くことを願います。

次の文庫はいつ出るのかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。