上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
SOSの猿
中央公論新社 2009-11-26
評価

by G-Tools , 2009/12/31






う?ん。
前回の『魔王』に続き、これまでの伊坂エンタメ作品にくくりにくいストーリーでした。
いや、思いっきりエンタメ作品なんだけど、なんだかすっきりしない。
日常の落とし穴的な恐怖というか、そんな怖いことがすぐそばで起きてる可能性あるの!?っていうそれこそ隣の部屋では何が起きているか分からない、そういう自分の世界に置き換えるととんでもなく恐ろしい事態をさらりと描くよね?っていうところは相変わらず。

思えば、伊坂作品って軽快な文章につい忘れがちだけど、結構黒いんだよね・・・いや灰色?
伊坂さんが一貫して書いているのって、社会のグレーゾーンなんだな。
今回の作品でも言っているように、たとえば「必ずしも暴力は悪いのか?」とか、「100%悪い人とか、100%いい人とかっていない」っていう、すべての大人が答えに窮するような、グレーな社会通念。
それを今回は、でっかい猿が突きつけてくるわけですよ、大人たちにね。

因果関係を探るお仕事の五十嵐さんだとか、悪魔祓いを副業とする二郎君だとか、面白キャラは出てきて、面白いのは面白いんだけど、いかにせん、『西遊記』が分からん。
『西遊記』、読んだことないし、ドラマとかで見たこともないんだもん。
何で猿の話なんて面白がって見なきゃならんのだ!って幼い頃に先入観を持ってしまったので、いまだによく知らない。『ドラゴンボール』別だけど。
だから、散りばめられた『西遊記』アイテムが全くピンとこない。
そのせいか、物語がややこしくって。
それに最近ちょっと文章がくどくなった気がする。
俯瞰的な描写も、村上春樹の『アフターダーク』みたいであんまり好きじゃない。

空き巣の黒澤が懐かしい今日この頃です。黒澤は今いづこ?
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。