上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ユダヤ警官同盟〈上〉 (新潮文庫)
Michael Chabon
新潮社 2009-04-25
評価

by G-Tools , 2010/01/27




結構売れている海外ミステリー。
故郷を求めるユダヤ教徒、チェス、そんななんともとっつきにくいアイテムを軸に展開される。

舞台は、アラスカにあるユダヤ教徒のための特別区シトカ。
アメリカから一時的に許可を得て住んでいるシトカのユダヤ教徒たち。
しかし、近い将来シトカはアメリカに”復帰”する。
街の人々は、どこへ行ったらいいのか?
そんな将来への不安、自分たちの国を持たないユダヤ教徒たちの恒久的な不満が蔓延するシトカで一人のユダヤの若者が殺された。この殺人事件とシトカで始まっていた陰謀が絶妙に絡み合い、宗教と政治とに翻弄されるユダヤ人の刑事たち。

よく作られた作品です。いや?本当にこういう土地があるんじゃないかと思うほど、宗教問題や国勢を上手く取り込んでいて、読ませます。チェスにも明るくないし、ユダヤの歴史もあまり詳しくないので、分かりにくいところは多々あれど、刑事のキャラクターや描写が面白くて読めますね。ユダヤ移民とインディアンとの関係性や、アメリカの介入、様々な立場の人が絡んで、アラスカの小さな町を舞台にエライことが起きてますよ。
私は、主役のマイヤーよりも相棒のベルコのキャラが好き。ユダヤとインディアンの間に生まれた大男。大雑把な外見に反して複雑な彼のアイデンティティーが魅力的。

この作品、コーエン兄弟による映画化が決定しているらしい。
結構楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。