上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
みんな元気。
新潮社 2004-10-28
評価

by G-Tools , 2010/05/11




久々に舞城さんの本?
これは好きな方だわ。。
古本屋で手にして、パラリとめくったら、止まらない気配。
これはいいかも・・・と思ってお持ち帰りしました。

短編集ですが、表題作が一番よかった。あとトトロの話。
あとタイトルごとに入る舞城さんの挿絵が素敵。

訳わかんない感じのストーリーは相変わらずだけど、これはかなりわかりやすい部類だと思う。
なんだかいいたいことも、めぐりめぐって伝わってくるし、舞城ワールドが気持ちいい。

表題作なんて、ある竜巻の日に、空飛ぶ一家がやってきて、勝手に家族を交換してしまう話なんだけど、なんじゃそりゃ?!って敬遠せずに読むと、なかなかに楽しい。舞城さんの独特な文体から、一生懸命な家族たちが浮き彫りになってるし、なんだかちょっとホロリとしてしまったりする。
他の短編も、家族の話が多かったかな。
どんなにわけわからんくても、そばに理解者がいるっていいよな?って思う話とか。

この本を読んで思ったのは、舞城さんの頭の中のこと。
いいこととか、やなこととか、哀しいこととか、色んな世の中への思いが頭の中にうわ?って、それこそ竜巻のように回っていて、そのうずまきから糸の先端を引っ張り出して、ピラピラピラ?ってやってるかのように、言葉が出てきてる感じがする。
そんで、その渦巻きがこっち側にきてるときは、めっちゃ共感するし、向こう側の渦巻きのときは、ちんぷんかんぷんだし、みたいな。そういう距離感を感じる。
古川日出男の本が、疾走小説なら、舞城王太郎の本は、渦巻き小説なのだ。
どっちも勢いがあって好き。

久々に舞城ワールド堪能。面白かった。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。