上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
モノレールねこ (文春文庫)
文藝春秋 2009-06-10
評価

by G-Tools , 2010/06/11




通勤のお供にもってこいな加納さんの本。
今回は、出張のお供にこちらをセレクト。
これは電車の中で読んではいかん???
あやうく号泣するところだった。
全身に鳥肌を粟立たせ、必死で涙をこらえたのぞみ車内。
これはいかんと、あとは部屋で読みました。大正解
まさか、ザリガニで号泣するとは・・・


表題作から始まる短編集。
「モノレールねこ」はちょっといい話で、結構ファンタジーで、加納さんらしいなぁと読んでたんだけど、短編によっては、やばいほど、涙腺を刺激されます。
私がやられちゃったのは、「セイムタイム・ネクストイヤー」と「バルタン最期の日」。
「セイムタイム?」は、予想の範囲を超えないけど、人の優しさが嬉しい、粋な話。
亡き娘の誕生日に毎年思い出のホテルを訪れる女性と、ホテル従業員たちの優しいうそ。
ほろほろと泣けます。

「バルタン?」はまいったね?。
これ、あとがきと同じ感想になっちゃうんだけど、まさか、ザリガニで泣くとは!ビックリですよ。
涙ダラダラ鼻ズビズビ言わせながら、やられた?って感じでした。
小学生の男の子に吊り上げられたザリガニが語る、一家のお話。
バルタンと名づけられ、それなりにいい生活を送るバルタン。
そんなバルタンの目から見ていても、ちょっと鈍くさい一家。
仕事に悩むお父さん。優柔不断なお母さん。とびっきりお人よしのフータ。
すごい温かくて、優しい家族の物語。
うまいこと生きていけない人だって、一生懸命生きてんだな?って。
バカで要領の悪い人間を頭ごなしにバカにしてはいけないなって、自分への反省も少々。

あ?めちゃいい本でした。バルタンは傑作です。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。