上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
短篇集
クラフトエヴィング商會 石川美南 戌井昭人 円城塔 小川洋子 Comes in a Box 栗田有起 小池昌代 柴崎友香 柴田元幸
ヴィレッジブックス 2010-04-20
評価

by G-Tools , 2010/06/22




このところ、本を買いすぎてお金がない・・・
そんな時に本屋へ行くのは、苦行のよう。
でも、森見さんの新刊『ペンギンハイウェイ』だけ買おうと、本屋へ行って、見つけてしまった素敵本。

もう表紙から素敵な感じが漂っている・・・
うっとりと手にとって、速攻レジへ。
結果・・・

見つけてラッキー。出会ってよかった。
そういう本でした。
柴田元幸さんが編纂する短篇集。
知っている作家さんも、知らなかった作家さんも、
とても雰囲気のある物語を書いています。
中には、この本テーマあったっけ?って思うような
同じ題材を書いた物語もあって、その理由はちゃんとあるんだけど、
とりあえず、どの話も面白かった。
「クラフトエヴィング商會」なんて、まさかの作者名だったし。
(二人のかたで書いているそう)
写真と文章でなりたっている物語はとても素敵でした。


こういう本を企画できる出版社は素敵だと思う。
柴田元幸さんが責任編集をしているという『モンキービジネス』という文芸誌が発端のよう。
そちらの方で掲載された短編もいくつか入っていて、
その”箱号”という回からの短編だったからテーマが同じだったんですね。
さて、この『モンキービジネス』HPをみたら、ものすごく面白そうだ!
そういえば本屋で、ど派手で楽しそうな本があったな?
もっと早く手に取っていれば良かった!
既に9号まで出ているので、一気に買うのは大変そうだ。
長い楽しみにさせてもらおう。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。