上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
MUSIC
古川 日出男
新潮社 2010-04
評価

by G-Tools , 2010/07/06




今回は、なんだか、な、難解なんだにゃぁ?
大地の響き、猫の笛、風の音・・・
街には音があって、何かが奏でられている・・・
っていうことの、恐らく『MUSIC』。

なんだけども、むぅ・・・
これは、きっと物語。
タワーを目指した猫の。
猫の全世界共通語を探索する佑太の。
走ることで音を感じた美余の。
男でもあり、女でもあるkaz'miの。
半獣半人JIの。

で、彼らの何の物語?
彼らの音楽にまつわる物語?旅する物語?
地を駆け、空を飛ぶ、そういう物語なんだけども
・・・で?


言葉の響きに集中して読むと良いのか、
勢いで読むと良いのか・・・
いつものように疾走感を味わえなかったぞ。
読み方を指南して欲しいと思った。
自分の気づいていない読み方があるんではないかと、
すごく心配になってしまう。
敗北感。
どうか、置いて行かないで。寂しいから。
むぅ。。。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。