上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ともしびマーケット (100周年書き下ろし)
朝倉 かすみ
講談社 2009-07-22
評価

by G-Tools , 2010/08/03




スーパーって雑多で楽しい。
置いてある物も、利用する人も、働く人も、雑多。
個人の生活への関わり方は様々で、
そんな個々の生活がちょっとだけ交錯する場所。
その交錯した瞬間の見えない花火を書いたものだと思う。
その花火は、決して華やかなものではなくて、
まさに”ともしび”ぐらいなものなんじゃないかな。
それでも、その”ともしび”に心が動いてしまう。
そういうささやかな物語集なのだ。


これまで読んできた朝倉さんの本とは少々趣きの異なる本。
趣きが異なる?訳でもない気がするけど、
なにがどう違うのかは、説明しづらい。
うーん、引き込まれない?

これまでは、刺さるような現実的な痛みがどこかしらにあって
知らんぷりができないような内容が多かった。
でも、これはとても客観的に物語として読める感じ。
ある北の町に一軒のスーパーマーケットがありました。
そこに通う一人の主婦がいました。
と、とても俯瞰な視点でこの物語を見る感じかな。


これは、朝倉さんが書いても書いても作品が採用されない時期に
編集の方から提案されて始めた短編オムニバスらしい。
売れることとか、そういうことを気にせずに書けた物語だそう。
そのせいか、いまいち評判はよくない。
書きたい物語が、読みたい物語になるわけじゃないものね。
でも、そういう作品があってもいいと思う。
作り出すことに意味があるときだってある。


そういえば、花屋のヤンさん(だっけ?)は、
『好かれようとしない』にも登場してたかしら?
私の中で、この二つの町はまったく交錯しないので、
なんだか違和感。
それともヤンさんは、花屋を移ろっているのかな?




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


管理人の承認後に表示されます【2013/01/15 12:41】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。