上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
バルタザールの遍歴 (文春文庫)
佐藤 亜紀
文藝春秋 2001-06
評価

by G-Tools , 2010/08/30





また素敵な作家さんを知ってしまった。
佐藤亜紀さんは初めて読みました。
しかも存在すらしらなかった。
ご存知の方には、何を今更・・・なことでしょうが、
知らなかったもんは知らなかったんだからしょうがない。
いや?本当にいろんな作家さんがいて、
読みたい本が尽きないって幸せ。
未読の本が本棚に並んでいると、まだ死ねないなぁって思うわ(笑)。

なんて奇想天外な本。
ハプスブルグ王朝の終焉により、没落する貴族。
そんな題材をまるで外国文学のように綴っている。
が、だまされてはいけない。
この本は、堅苦しい貴族の悲哀だとか、
時代の終焉を憂うものでは決してない。

没落貴族カスパール・フォン・ヴィスコフスキー・エネスコ公は
一人の体に二人の意思が存在している。
もうひとりがバルタザールである。ようするに脳は双子。
よって、一人称で語られる文章は、カスパールとバルタザールが
入れ替わったり、会話したりしてつづられる。
読んでいるうちに”私たち”という呼称がなんの違和感もなくなってしまうが、
そこで描かれている世界には彼は一人で存在しているから、
おかしな人と思われるのは当然だ。
しかし、彼らはそんなことを隠そうとも気にしようともせず
堂々と生きている。それがこの本の魅力でもある。
カスパールとバルタザールと周りの世界。

家の没落による、その転落人生。
酒におぼれ、女におぼれ、貴族らしく
難しいことを考えず、労働もせず、
日々自堕落に生きる彼ら。
ウィーン、パリ、そして逃げてきたアフリカの地。
それぞれの地で彼らは彼ららしく生きていた。
そして彼らが二人の人間であったこと以外に
もうひとつ特殊な能力が物語の後半を彩る。

”壁抜け”というあだ名を持っていた父親の血を
受け継いでいたふたり。
どういうことかというと、体を抜け出せるのだ。
抜け出した体は鏡に映らない、影がないこと以外
普通の肉体と変わらない。
その能力によって、ガスパールとバルタザールは
実質的にも二人となりえることになる。

何でしょう、この奇想天外な物語。
めちゃ面白いです。
バンパイア伝説があったように東欧の貴族には
こんなオカルト傾向があっても違和感ないってこと?
いや実際違和感なく読んだんだけどね。
時代背景、舞台、人物像、すべてが物語としていい!
本当に日本の作家さんが書いたのが不思議な本でした。
これがデビュー作って恐ろしい人ですね。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。