上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか最近、メディアの在り様がようわからん。
一昔前だと、マスメディアと言えば、テレビ、新聞、雑誌などを意味していたけど、
今の”マス”って何だろう?

テレビで流れた情報が、2次映像としてネットでダダ漏れていく。
ネットに流出した個人情報を書籍化するやつがいる。
たった1人の芸能人の一夜の乱痴気騒ぎを執拗に追う。

マスメディアを志した人間ならば、自分達の仕事の意味と影響、
そして社会における役割をわかっているはず。
こんなことをしたくてメディアというツールを選んできたのだろうか?

”ペンは剣よりも強し”

その力の使い方を完全に間違えている。
もはやメディアは公僕ではなくなってしまった。

かつて多くの人々の指針ともなってきたマスメディア(少なくとも自分にとっては)が
こんな状態の今、世の中の人々は何に価値観を合わせるのだろう?
価値観の多様化?結構、結構。
じゃあ、バラバラの価値観を持った人間がひとつの社会を形成するには
何を共通の感覚として持てばよいのだろう。
どの業界でもコンプライアンスを声高に叫んでいるけど、
今みたいに倫理観、常識といった人の根底にある価値基準がちぐはぐだと
どうやって危機回避をすればいいのかわからない。
そうして、大は小を兼ねる方式で、最低限、最低ランクに基準を合わせていく。
その結果あるのは、結局風通しの悪い、縮こまった閉塞した社会だ。
果たして、そんな社会に未来はあるのかい?

この先、世の中はどうなっていくのかな?
メディア業界に身をおく自分らにやるべきことはあるのかな?
テレビの仕事を始めて10数年、先の見えないトンネルに入ってしまった気がする。
果たして、このトンネルはどれほどの長さなんだろう。
向こう側が見える時は来るのかな。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。