上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
体の贈り物
レベッカ・ブラウン 柴田 元幸
マガジンハウス 2001-02
評価

by G-Tools , 2011/02/08




いろんなことを想う本。


エイズ患者たちのケアをしている女性が綴る患者達の末期。

「○○の贈り物」というタイトルがついて、短く章立てされているので、
ひとりの患者にものすごい思い入れがあったり、ドラマがあったりというものではない。
ただ淡々と、彼女が立ち会った人々の死に際を描く。
そこには感傷的な哀しみも憐れみもなく、死に囲まれた彼女の生活と
死を目の前にした人々の様子がある。
ひとりで数人のケアをしている彼女が保つ患者との距離感が
リアルに描かれているように思う。

感情を込めていたら、到底できない仕事だと思う。
ただ死を待つ人たちに明るく接し、友人のように振舞いつつも
手袋を欠かせない触れあい。
昨日は元気だったのに、今日はもう・・・
そんな毎日を送る彼女が、徐々に気持ちを弱らせていく様が
とても人間らしくて、胸にくる。


ただの病気ものの、お涙頂戴小説と思うなかれ。
そんなものじゃないから。
実際、私は一滴の涙も流さなかった。
彼女が綴るこの小説は、人が死ぬということのリアル、
それは昨日までいた誰かが今日はいない、という事実、
そして自分の知る大事な人が病気になるという衝撃を
すごくすごく慎ましく発信する。
この、さざ波程度の感情の揺れが読者にどう届くか。

号泣はなくても、胸がキュッと痛む。
そして、自分の死に際を想う。
私は誰かに何かを贈れているだろうか、そして何かを受け取っているだろうか。
贈り贈られの人生を歩めているだろうか・・・


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。