上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tenpest.jpg


観て来ました。『?琉球ロマネスク?テンペスト』
文庫にして4冊分の物語を3時間弱にするのは、
難しかろうなと思っていましたが、
脚本が結構変わっていましたね。

まず孫寧音が、宦官じゃなかったし、
父親の死とか、雅博との出会いとか、
人物の関係図を壊さないようにわかりやすく脚色されていました。

朝薫が老けてる!ことはちょっと気になりましたが、
安田顕さんは大好きなので、よしとする(笑)。

あと、もうひとりの目当てが福士誠治くんだったのですが(写真右から2番目)、
まさかの真鶴の兄役だったので、なかなか気づきませんでした!
後半からは、目をさらにして追って観ましたよ。
女形をやるなんてかなり意外でした。
良かった!良かったけど、やっぱり雅博役を観てみたかった・・残念。

今回は、雅博役の山本耕治さんも良かったですが、
やはり存在感、上手さで生瀬さんが一等賞ですね。
聞得大君という国の凶事を司る権力を持つ巫女の役で、
原作ではこれでもかってくらいに没落させられる役どころ。
没落とともに人間らしさがどんどんむき出しになっていって
、最後は、寧音と同じくらい琉球を想う役だった。
それを演じる生瀬さん、3枚目の妖怪みたいなキャラから、
クライマックスではしっかりとその悲哀を魅せてもらいました。
思わず感動してしまった。さすが!のひと言。


主役の仲間さんは予想よりは良かったです。
何せ、まわりが固いですから。
それにしても舞台栄えするお顔ですね。キレイでした。
あの琉球舞踊は、あれぐらいで正解なんだろうか?
え!?ってなるくらい簡単そうだったけど・・・
でも、舞踊で心を動かすって、難しい。相当、高度なスキルが必要かも。


総じて、予想より面白かった!
山本耕治がかっこよかった!
堤監督の舞台への挑戦は、おそらく成功していると思う。
その一方で、同じ本を蜷川さんとかに演出してもらったら
どうなるのか、是非観てみたい。
この本は、確実に視覚的なインパクトを出せる作品だと思うから、
原色の琉球の世界観をどう作り上げるのか、それが観てみたい!!
琉球の群舞、衣装のきらびやかさ、登場人物の個性、
色々な舞台プランが出そう。
映画だったら、角川さんあたりで、是非SFものとして作って欲しいな。


スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。