上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minamihe.png


妻夫木聡、蒼井優主演という、なんとも豪華なキャスティング。
妻夫木くんは、『キル』以来、蒼井優ちゃんは『渋谷から遠く離れて』以来、
舞台で目にすることになります。

妻夫木くんは、『キル』の時より全然上手くなってました!
声もちゃんと出てたし、動きや台詞回しがもう野田色に染まっていました(笑)
蒼井優ちゃんは、若いのに上手いね?
まぁ出てきたときから上手いけど。
松たか子や宮沢りえらと並んで遜色ない女優っぷりで、まいった。
なんでしょう、あの透明感・・・かわいすぎる。


内容は、前作『キャラクター』に引き続き、わかりやすいメッセージ。
現代の日本人に対する非難というか、そういうものを受け取りました。


※内容に触れています。観劇前の方はご注意ください!

”自分が自分であること”を証明することの難しさ。
日本人のアイデンティティーはなんぞや。
”夢遊病”のように今を生きている日本人。
かつて、隣国の人間のアイデンティティー(名前、文字、国の象徴)を奪った
我々日本人は、今自分達のアイデンティティーを見失っている・・・


正体不明の登場人物とオオカミ少年。
そしてニセモノの天皇。
火山噴火をめぐって、そんな3つのアイテムを織り込みながら展開する物語。

自分はどこから来たのか?そして何のためにここにいるのか?
火山が起こす揺れは、人々の地盤を揺らし、アイデンティティーの脆さを露わにする。
果たして、火山は噴火するのか? そして、うそつきは誰なのか?

自己証明って本当に難しい。
自分がその人でないということを証明するのは簡単だけど、
自分であることを証明するのって難しいよね。
免許もなくて、会社にも属していない場合、
身分証明ってすごく困るもんね。

そんな個々の存在証明すら難しいのに、
社会や国中で、大きな声で言われることの真偽を問うのは難しい。
歴史が正しいとは限らないし、マスコミが正しいとも限らない。
私達がいかに脆弱な社会基盤の上に立っているか。

さぁ、我々は何を信じて生きていく?
スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。