上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
人生のちょっとした煩い
グレイス・ペイリー 村上 春樹
文藝春秋 2005-06-28
評価

by G-Tools , 2011/03/05





夫が家を出て行った。
子どもを二人抱えて、手元には14ドルしかない。
福祉局は、生活の困窮さを疑うことからはじめる。
頼りになり始めた男は一月ほど音信がない。
          ???『人生の関心』


女にとっては、お先真っ暗の状態が、
男にとっては、”人生のちょっとした煩い”なのか。

幸せって何だろう・・・
人生における幸不幸の尺度の違い。
日々の倦怠感。
そんなものを感じさせる本でした。





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。