上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ぼんくら(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社 2004-04-15
評価

by G-Tools , 2011/03/18




恥ずかしながら、宮部さんの時代小説は初めて読みました。
たまたま酒席をご一緒した方に勧められて読んでみました。
しゃばけが好きなら、いいと思いますよってことで。
こういう出会いって楽しいですよね。


最初、鉄瓶長屋を舞台にしたオムニバスかと思っていたら、
全ての事件がつながった長編でした。

町の描写や登場人物など、全体的な雰囲気はしゃばけシリーズや
陰陽師シリーズ(比べるもんでもないか?)の方が
はまりますが、ミステリーとしての時代小説もなかなかいいもんですね。

個人的には、同心の方より、甥の弓の助が良かったですね。
『日暮し』も購入してあるので、こちらも読んでみよ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。