上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
陋巷に在り〈13〉魯の巻 (新潮文庫)
酒見 賢一
新潮社 2004-11
評価

by G-Tools , 2011/03/23



ふっふっふ。ようやく読み終わりましたよ。
過去の記事を探してみたら、なんと!
読み始めたのは、2009年!!うはは。
私ってば、ひどいわね。2年越し。。
ま、書いている方は10年越しだから、いっか。

何せ13巻もあって、図書館に通ってこつこつ読んでたんだけど
忙しくなって、行かなくなって、途中で止まってました。
で、ブックオフで後半がずらーっと手に入ったもんで、
ようやく全部読めました。売ってくれた人ありがとう。

いや?後半の顔回の化けっぷりは良かったね。
ようやっと孔子もちょっと活躍したりして。
個人的には11巻の「顔の巻」あたりが好きですね。
尼丘の危機がクライマックスな感じで。


論語やら孔子伝やらを酒見さん流に解釈して、
あ?でもないこ?でもないといいながら、
物語にしているわけだけど、
いっそのこと、顔回を主役にしたモノノケ退治みたいな
シリーズものにしてくれたら、嬉しいのにな。
孔子でもいいけど。
魅力的な脇役もいっぱいいるので、
三国志みたいな面白さも作れそう。
ってか、既にあるのかな?
孔子に疎いので、よくわからん。

長かったけど、面白かったなぁ。
次はやっと「泣き虫弱虫諸葛孔明」を読むぞ!!
さてこちらは、何巻ぐらいになるのでしょう・・・
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。