上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実から目を背けている間に事態はどんどん悪化していた。
原発事故はかなり深刻な事態になっている。
漏れ出す放射能、汚染される大地に、もはや一個人が打つ手はない。
さて、どうしよう。
解決できる知識も技術もない。
逃げる土地も金もない。
汚染されていく大地とともに気づかないフリをして
この地で生きるしかないか・・・
何も出来ないので、このところ起きていることを自分なりに考えてみる。


なぜ、政府は安全を主張するのか?
なぜ、メディアは事実を報道しないのか?


→→ 多分怖いから。
未経験の大惨事を予想できているのに、そのあまりの重大さに足がすくんで身動きがとれないでいる。
言ってしまって引き起こるパニックを解決できる方法を持ち合わせていない。
恐怖に立ち向かう覚悟と責任を持ち合わせていないのだろう。

そもそも、真実を知ることが国民の幸せだなんて、国もメディアも考えていない。
知らないでいる方が楽というのはある意味事実。
もちろん、人にまつわるあらゆる事象を知る権利はあるし、
それを伝えるのがメディアの仕事であるはず、理想では。
でも、今のメディアに使命なんてないし、社会の公僕たるメディアは死して久しい。
だから、真実を知りたい、知る覚悟がある人は自ら知る努力をしなくちゃならない。
情報は得ようとすれば得られるモノ。


日本人はなぜ声を上げて国を非難しないのか?

→→ 期待していないから。
コロコロと変わる政権。変わらない政治。
政治家が何人いるか知らないけど、誰がやっても、何も変わらない。
有事じゃない時ですら、何も出来ないのに、
未経験の危機に直面して、突然出来るようになるわけがない。
能力のない人たちをどんなに責めてもなじっても
何も変わらないということを日本人は経験的に知ってしまっている。


あまりに平和な日本に生きていて、
あらゆることに無関心でいたことを実感する毎日。
地球上には、十分な水や食料がない土地があることも、
日々テロの危機にさらされている土地があることも、
文化的な生活が徐々に地球を汚染していることも、
知っていた。
知っていたけど、結局は対岸の火事だった。
出来ることがほとんどない無力な今こそ、
今まで享受してきた便利さや快適さを見直してみよう。

正直、この先どうなるかわからないけど、
すごく長い時間を要するかもしれないけど、
勤勉で真面目な日本人はきっと再起できると思う。
大きな負の遺産を背負うことになるけど、
きっと平和ボケしたうちらの世代よりも
もっとしっかりした若者たちが育ってくれると思う。
そして、期待できる政治家が現れてくれるといい。
また安全で平和な暮らしやすい日本であるよう
頑張らなくちゃいかん。

とは思いつつ、放射能にはなぁ打つ手ないしなぁ。
土地を捨てるしかないもん・・・
負の連鎖って広がるんだよね、対処を間違えると
あっという間に。。。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。