上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
のぼうの城
和田 竜
小学館 2007-11-28
評価

by G-Tools , 2011/03/29



読みたかった本が文庫になったので即買い!

戦国時代の時代小説って初めて読んだ。
これは、面白い!!
今さら私が言うまでもないだろうけど、面白い!

のぼう様という中心人物はいるけれど、
1人の戦国武将の魅力を追うのではなく、
忍城を守った武士、百姓たちの団体戦が魅力的!
まだ戦に仁や義が残っている時代、
熱き血に動かされる人々。
やってることは、もちろん殺し合いなんだけども、
そこには痛みを理解できる指導者たちがいて、
鮮やかな戦法があって、生臭さはないんだな。

こういう戦ものの時代小説で笑いながら読むのって
初めてかもしれない。
そういう要所要所に、クスリとできる温かさが描かれていて
かなり楽しいライトな時代小説でした。


映画では、大好きな野村万斎様が演じるとのこと。
のぼう様を演じるのは難しそうだなぁ。
だって、図体のでかい醜男で無表情なでくの坊だよ!
万斎さんと真逆じゃないか!!
とはいえ、コロコロ変わる表情、読めない、食えない人物を演じるには
適任という気もする。
一旦、小説の人物像は忘れて、万斎さんののぼう様を堪能したいと思う。
楽しみ??

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。