上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




クレストブックスの中から堀江さんが選んだ短編集。
こういう風に集まると、クレストブックスというのが
どういう趣味で発行されているかがわかる気がする。
どれも静謐な筆致で描かれる、過去のちょっと切ない思い出。

堀江さんがあとがきで、「何かを捨てなければ、何かを得られない」
というようなことを書いていましたが(既にうろ覚え)、ものすごく共感。
そう、あれもこれも手に入れた!、手に入れたい!、というお話ではないんです。
ちょっとした幸せとちょっとした不幸せ。
それがどっちによっているかは、物語によって異なるし、
どうとらえるかも読者によるだろうな。

いくつか読んだ物語も入ってたけど、
ずっと読もうと思ってたイーユンリーの『千年の祈り』からの短編も
すごく良かった!是非、本編を読もう。


今月は本いっぱい読めたな。
現実逃避だな・・・
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。