上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
Story Seller (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部
新潮社 2009-01-28
評価

by G-Tools , 2011/11/28



お得なアンソロジー。
伊坂幸太郎、有川浩、道尾秀介、米沢穂信などなど作家の並びを見てもお得感いっぱい。
ブックオフで1,2,3と一気に入手。

しょっぱな、らしさ全開の伊坂幸太郎に郷愁を感じ、あ~やっぱりこの人は殺し屋の話を書いている時が一番輝いている気がするとしみじみ。
そして、有川浩の文章に鳥肌がとまらない。クサい、クサすぎる・・・
『阪急電車』しか読んだことのないこの作家さん。
確かにあれも軽かったけど、まさかこんなにも少女マンガ的な文章を書いているとは・・・一種の衝撃でした。ストーリーはキライじゃないんですが、描写がもう・・・ゾワゾワ~って。
乙女じゃないので、ちょっときつかった。

その他、それぞれ作家さんがその人らしい物語を寄せています。
今回初めて読む作家さんがあまりいなかったので、発見!!的な出会いはなかったけど、
普段あまり長篇に手を出さない方々の本をこういう感じで読めるのは、とてもいい。

アンソロジーを作ってくれる出版社の皆さん、いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。