上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
尼僧とキューピッドの弓 (100周年書き下ろし)
多和田 葉子
講談社 2010-07-24
評価

by G-Tools , 2011/12/12




多和田さんの本は2冊目。

ドイツの田舎にある修道院を訪ねる一人の女性。
彼女の一人称で始まる物語はちょっと唐突な感じで、少し戸惑う。
多分それは、ドイツの修道院と日本人という馴染みのない組み合わせが
説明無しに展開されるからだろうな。
こういうのを読むと、普段いかに親切な(余分とも言う)文章に慣れてしまっているかが分かるな。

読んでいくうちに、彼女のお気楽なというか、ちょっとふざけた感じの
思考や描写が面白くなっていく。
尼僧たちに変なあだ名をつけ、彼女たちを観察するその視点がユニーク。
このあだ名は結局私を混乱させることにしかならなかったけど・・・
もしかしたら、ドイツ語の音感を日本語に当てはめてるのかな?とも思うが
分からずじまい。
修道院というなにやら敬虔でお固そうな場所と
気楽で勝手な彼女の思考のバランスが面白い。

そして、この日本人は修道院を取材するために体験滞在をしているようで、
そのコンタクトをとっていた尼僧院長はもういなく、
この元尼僧院長は男と駆け落ちしたらしいと分かる。

そんな日本から来た”私”が観察する修道院の様子を描いた一部と
その本をアメリカで発見した元尼僧院長の独白が二部。

私はこの二部、好きだなぁ。

修道院に残っている尼僧も、修道院を出た元尼僧院長も
平穏を求めていながらも、情熱への憧れを捨てきれない、
女とはそういうものなんだろうと、教えてくれる。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。