上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
九月が永遠に続けば (新潮文庫)
沼田 まほかる
新潮社 2008-01-29
評価

by G-Tools , 2011/12/24



これがまほかるかぁ~~
あちこちの本屋のポップで絶賛されてるし、
書評でも名前を見かけていた、まほかる初読。

文字の運びに引っかかりが全くなかったので、
すごく気持ちよく読めました。
どういうことかっていうと、
物事の合間に差し込まれる、ちょっとした心情だとか風景の描写っていうのが
全然ピンとこなかったり、言葉のチョイスにん?ってなったりする作家さんが最近多い中で、
まほかるさんの描写は心に染みこんできた~ってことなんです。

ま、理由は単純に中年女という共通点かもしれんけど(笑)
センスが合うということでもあると思う。

女であること、若い女や美しい女に心のどこかで畏れをいだいていること、
ある一定の年齢を過ぎた女たちが本能で感じる、そういった感情が
この本の根底には流れている気がする。
罪の意識、敗北感、渇望・・・

この本を読んだ男たちは、この水沢をどう感じるんだろうか?
いい年をしてみっともない?醜い?恥ずかしい?
男といっても、息子文彦の世代と、父親の雄一郎の世代、
犀田の世代と、全然違う読後感なんだろうな。

私は、この登場人物の中で一番腹立たしかったのが文彦。
(ネタバレしますよ↓)
こいつは誰に対しても失礼だった。本音で接してない。
子を失う母親の気持ちも、自分に思いを寄せる同級生たちの気持ちも
父親の気持ちも、結局優しくかわすようでいて、無視してるだけ。
父親に対する勝手な怒り。
この雄一郎と亜沙美の間の感情なんて文彦にわかるわけがない。
どんなセックスを二人がしてようと、それが悪と判断できるのは当事者だけだ。
何を救った気になってるんだって話だよ。
何よりも!夫と息子を同じ女にとられる母親の身にもなってみろ!
その感情は物語には一切書かれていないけど、
私はこの部分が一番傷つくと思うぞ。
こんな暴力ってない。

この結末にしてもそうだけど、この本は女に対する侮辱や凌辱が色濃い。
果たしてそれを感じて読む男性がどれほどいるのだろうか。
そこも気になる。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。