上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
荒野に獣 慟哭す 上 (トクマノベルズ)
夢枕 獏
徳間書店 2011-08-31
評価

by G-Tools , 2012/04/01



書店にサイン本が並んでいたので、つい購入。
獣系SF。
人がめちゃめちゃに殺されます。
首切られるわ、喰われるわ。
獏ワールド全開です。

獏さんの作品の中ではかなり分かりやすい方だと思う。
もう分かったよ、っていうくらい心情や状況を説明してくれるし(笑)。

食人の習慣のある部族の脳からみつけたウィルスにより、人が獣化し、
人間以上の力を持った彼らを兵器として開発するという、
恐ろしいSFです。
獏さんの描いてきている”鬼”と通じるものです。
人が作り出す”鬼”。
その”鬼”の気持ち。

本当に恐ろしいのは鬼なのか、人なのか。
獏さんの作品には、そういう想いが常にあるように思います。
異質なる”鬼”の登場により、”人”の怖さを描く。
その一方で、突出して魅力的な”人”もまた描く。

獏さんの作品は、化け物系が多いですが、
結局は人を描いているのだなぁとしみじみ。


ジャングルをかけめぐる御門の気持ちを想う。
果たして彼は幸せだろうか、と。
しかし、彼が選んだ生き方以外に幸せはあるだろうか、と。
人は人とのつながりをもってして、ようやく人としての幸せを得るのではないだろうか。
私みたいな人嫌いは、御門の孤独を哀しいと思いつつも、ちょっぴり羨ましい。
だって、人であることを止めてしまえば、孤独なんてどうでもいいんじゃないかな。
獣はさみしいからといって泣きはしないだろうから。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。