上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
くちびるに歌を
中田 永一
小学館 2011-11-24
評価

by G-Tools , 2012/04/04



若い!淡い!清々しい!

五島列島のひとつの島にある中学校。
学年2クラスほどしかない学校で、少女と少年が歌で出会う。

中学や高校でなぜか強制的にやらされてきた混声合唱。
歌うのがへたくそな私には苦痛でしかなかったけど、
それでも4つのパートがかさなりあって、音がうねった時のあの感じは
大人になった今でも忘れられない。

部活動に一生懸命になるとか、
男子と女子が一緒に何かをやるとか、
面倒だけど、ほうっておけない事柄。
逃げてしまいたくなるような恥ずかしい瞬間や、
一生忘れたくないきらめく瞬間。
本当に思春期だけが味わえる貴重な体験。

この本を読んで、自分にそういう時があったことを幸せな気持ちで思い出し、
それと同時に今その時を生きている人たちに
どうか毎日を大切に過ごして欲しいと願ってしまう。

それは、その時には気づかないけど、
過ぎ去ってから本当に身にしみて分かる大切な瞬間。
辛くても逃げちゃいけない時期。
自分の芽をつまないで、守ってあげて欲しい。
学校の片隅や、放課後の一瞬に、
今でも戻れるものなら戻りたい。
校庭からの風を感じて、屋上で雨に打たれる。
あ~戻りたい。

いつもより希望があふれた中田さんの一作。
優しさにあふれた本でした。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。