上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
燃焼のための習作
堀江 敏幸
講談社 2012-05-24
評価

by G-Tools , 2012/07/10



ほう。
思わず吐息がでるような、時間が流れておりました。

港に近い倉庫街。
閑散とした街中の雑居ビルにある探偵事務所。
そこには、事件をパキパキと解決するような
ハードボイルドな探偵はいない。
禿げた頭、お腹の出た中年男がいる。
彼は、話を聞く探偵だ。
依頼人は何を求めてここへ訪れるのか。
ただ話をすることで、自分の本心を見つけていくようだ。

嵐に囲まれた事務所で流れていく時間。
ほんの数時間の描写が秀逸。


強くなる雨足、近づく雷鳴。
だんだんと濃くなっていく嵐の気配。
無機質なコンクリートに囲まれた部屋の中で
ことさら敏感に聴覚が外の気配を感じ取る。
人気がない街を風が吹き抜けていく。
コーヒーの空き缶が転がっていく。
外は不安な気配に満ちていく。

その一方、部屋の中では
聞き上手の探偵と話し上手の助手が
依頼人と話しているだけなのに
暖かい暖炉のような空間を作っている。

まるで関係のないような話が続くなかで
開いていく各々の記憶の扉。
引き出される些細な記憶。

何も解決されていないのに、なぜか満足してしまう。
そういう時間がここには流れていた。


堀江さんの描く本は雰囲気がありますね。
ほぅっと吐息が出てしまいます。

枕木さんと郷子さんの関係性とか
姿は出てきてない枝盛さんや伊丹さんのことが
気になって、気になって。
また素敵な本でした。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。