上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
居心地の悪い部屋
岸本 佐知子
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-27
評価

by G-Tools , 2012/07/26



岸本さんが好きな風変わりなお話を編んだ海外文学アンソロジー。
タイトル通り、ちょっとザワッとする読後感の短編がもりっと。
短編ならではの、全様が見えないからこその怖さがあります。
行間というか、例えば電話の向こうの静けさみたいな、
見えない空間の怖さがどの短編にもある感じです。
ホラーよりのものだけでなく、それこそ苦笑してしまうようなお話も。

ただ読み終わる頃には、読み始めた時と違ってしまった世界が
広がっていて、物語の中の人物の孤独や恐怖、焦燥感がひしひしと伝わってきます。
居心地が悪いけれども、もっと読みたくなる、そういう物語の魅力が詰まった本でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。