上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
麦の海に沈む果実
恩田 陸
講談社 2004-01
評価

by G-Tools , 2007/06/09




黒と茶の幻想』の登場人物がこの本とリンクしているらしいので、手にしてみた。この本、ずっと既読だと思ってたんだけど、内容をイマイチ思い出せないので、改めて読む。読んでいると初めて読むような、やっぱり読んだことあるような、場面場面で複雑な思いにとらわれる。
本当にブログを書くきっかけでもあるわけだけど、読んだ本を片っ端から忘れていく私。大丈夫かしら・・・

学園サスペンスなので、『六番目の小夜子』、『三月は深き紅の淵を』などの恩田作品と混乱してるのかもしれない。
とくに『三月は?』はかなり前に読んだんだけど、この作品と今回の『麦の海?』はかなり内容がリンクしているから、そのせいかな。

この本自体は、世間と隔離された全寮制の学校でのサスペンス。3月に始まり、3月で終わる”三月の国”。灰色の湿原の中にそびえる”青い丘”。そんな学校に2月に入ってきた理瀬。2月の転入生は学園を滅ぼすという伝説のせいか、どこか特別な存在である自分を感じ、落ち着かない理瀬。
そんな学園の中で次々と人が死んでいく。
閉ざされた学園の中での殺人事件。素性のわからない生徒たち。そして理瀬自体も何者なのか。
全く日本にあるとは思わせない、まるで現実味のない小説の中だけに存在する学園。そこがこの本の魅力のひとつ。ディテールがすばらしい。古城のような学園の佇まい、謎を秘めた生徒たちとカリスマ性のある校長。様々な学年で構成されるファミリーや、校長主催のお茶会、バラ園や温室、ダンスパーティー。アリスの世界観にも通じる、ヨーロッパにあるような寄宿舎を彷彿とさせる。
殺人事件の謎も、理瀬や生徒たちの素性も裏切らない展開。すごくよくできた本。素直に面白い。

と、この本を読み終わって気になるのが、『三月は?』の方だ。コチラの本は、4部構成になっていて、ある本をめぐるストーリーなのだが、本をめぐっての登場人物、本の中の登場人物と、かなり複雑に構成されていたはず。読んだ時はその複雑さ、メビウスの輪のようなつながり方に大混乱した覚えがある。
この『麦の?』を読み、『黒と茶の幻想』を読んだ今、もう一度『三月?』を読んで、このシリーズを改めて咀嚼してみたくなった。
絶対わかってない部分があるはず。

それにしても、恩田陸さんはなんて広い視野で本を書いているんだろう。あれ?むしろ狭いのか?とにかく複雑なことをよくもまぁ、こんなに描けるものだわ。複雑に絡めれば絡めるほど、細部に無理が出たりするもんだけど、恩田さんはそういうもやもやを謎として残すから上手いよな。
スポンサーサイト




トラックバックありがとうございます。
また遊びに来てください。
【2009/04/09 15:49】 URL | momo #-[ 編集]
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
【2009/04/09 04:14】 URL | 藍色 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。