上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
強運の持ち主
瀬尾 まいこ
文芸春秋 2006-05
評価

by G-Tools , 2007/06/08




人付き合いが面倒くさくて、OL辞めて占い師を始めたルイーズのお話。瀬尾さんが学生の話じゃないのは珍しいかも。

全体的に軽いタッチ。”迷っているとき、背中を押してあげるのが占い師の仕事”と考えて、インチキ占いで繁盛するルイーズ。占いにくる人は真実が知りたいわけじゃなく、踏み出せない一歩を手助けして欲しいものなんだね。

占い師の話だから、色々な相談者が来る話なのかと思いきや、結構ルイーズ自身の話が多い。
ルイーズの彼氏はのんびりした公務員。たまたまカップルで相性を占いに来た通彦はまれに見る強運の持ち主だった。で、色々手を尽くして自分のものにしたという彼。強運さの片鱗を全く見せないけど、癒し系の通彦。ちょっとうらやましい。仕事から帰ったらご飯作ってくれている彼氏なんて、ものすごい贅沢だわ。

瀬尾さんの小説はいくつか読んでいるけど、やっぱり決定的な何かが不足している気がする。全体的に優しくて暖かいものが多いけど、感情に訴えるものがないというか・・・嫌いよりはむしろ好きな作家さんなんだけど、ちょっと惜しい感じ。特にこの本は肩の力が抜けている本っていうのかな、エッセーのように読むにはいいけど、小説としては物足りないかな。1話目の小学生のような話が続けばもっと面白かったんだけど。

ちなみに私は占いとか行ったことない。結局、誰かに悩みを相談するときって、答えは既に出ていて、それでも踏み切れない時だから、わざわざお金払ってその作業をしようとは思わないんだよね。決めるのは自分でしかないからね。自分の気づいていないことを気づかせてくれるっていうことがあるなら、行ってみたいかも。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。