上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ZOO〈1〉
乙一
集英社 2006-05
評価

by G-Tools , 2007/06/08




乙一の短編集。
帯のコメントに期待しすぎたのか、期待した程、面白くなかった。とはいえ、それぞれの話のストーリー性はやはり彼らしい個性的なもの。映画化されたらしいけど、確かに映画なら興味深いかも。
まぁ基本的に5話ともホラーだな。あらすじだけ読むとかなり面白そう(?)↓

「カザリとヨーコ」・・・双子なのに、カザリだけが可愛がられ、母親から虐待を受けるヨーコの話。
「SEVENS ROOMS」・・・ある日突然姉と共に拉致され、理由もなく死への恐怖にさらされる姉弟。監禁部屋の秘密を探り、絶望的と思われたその部屋からの脱出劇。
「SO-farそ・ふぁー」・・・父親と母親が自分にしか見えなくなった子ども。両親の中継役を喜んでやっていたがそのうち、片方ずつしか見えなくなって・・・
「陽だまりの詩」・・・人がいない世界に、自分が死んだときに埋葬して欲しいと、造られたロボット。心の機能を持たされたロボットと製作者の彼が死ぬまでの日々。
「ZOO」・・・毎朝届く彼女の腐乱死体の写真。一体誰が?しかし彼は知っている。殺したのが自分だと。そして毎日繰り返される犯人探しの演技。
何だろ、話自体は面白いんだよね。でも、文章としての面白さが足りないというか。深みがないというか。
あまり本を読んでない人とか、中高生ぐらいの人には刺激的な面白さがあるのかもしれない。でも、どの話も結末に意外性がないというか、想像の範疇を超えないんだよね。どっかで見聞きしたような、そんな気分になる。まさか!そんな・・・的な驚きがない。うーん。ショートならではの巧みさに欠ける。

結論として、子ども向けかな。擦れてしまった大人には御伽噺のようです。
スポンサーサイト




やっぱり若さですかね?
きっといいものを持ってるんだけど、それを具現化する方法に稚拙さがあるというか・・・
なんて、一体どんなおばさんだっていうような、コメントになっちった(笑)。
でもね、なんか嫌いになりきれない作家さんなんですよ。
何でかは、いまだに分からないのですが。
ただ、この本が初めの本だったら、乙一氏の2冊目は読まなかったかも。
【2006/09/26 22:15】 URL | momo #-[ 編集]
実はこの本挫折してしまいました。
かろうじてちゃんと読んだのは「カザリとヨーコ」だけ。これはわりと面白かったけど、でもどこか腑に落ちなくて…そう、やっぱり文章に深みがないんですよ!と、深みのない人間の私が言ってみました。(汗)
でもこの作家わりと売れてるみたいだし?、なんかおかしいなあと思ってたんですよ。
でもmomoさんが同じこと感じてたんで、仲間がいてホッとしました。(笑)
【2006/09/26 14:21】 URL | runamin #LDTVSh/E[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。